事務所の特徴

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の特徴

刑事責任の有無や刑罰の重さは、職務質問や逮捕による事件発覚直後からの弁護活動の質と量によって結果が大きく左右されます。質が高く迅速な弁護活動を確保するために、刑事事件・少年事件の弁護実績が豊富な弁護士・法律事務所に相談されることをお勧めします。

あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件専門の弁護士・スタッフが一丸となって、詐欺罪でお悩みの方に手を差し伸べてゆきます。ご相談・ご依頼の有無を悩んでいられる方は、刑事・少年事件を専門とした弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の特徴を是非、ご覧ください。

弁護士をはじめ刑事専門のスタッフが一丸となって有利な解決を図ることができるよう、全力でサポート致します。

 

1 刑事事件・少年事件の専門

刑事はスピードが勝負です

例えば、詐欺罪で逮捕された後、勾留までの間に不利な供述調書が作成される場合が多いため、できるだけ早いタイミングで弁護士のアドバイスを受けることが重要です。

また、詐欺罪で逮捕・勾留(身体拘束)された場合、早期に対応をとることにより身体拘束期間の長期化を防ぎ、有利な処分を得ることが可能になります。日本の刑事裁判では、ほとんどの場合、起訴されてしまうと有罪判決を受けることとなり、結果として「前科」がつきます。

しかし、逮捕された後すぐにご依頼いただくことにより、例えば、早期に示談に着手し身体拘束解放活動や不起訴処分に向けた活動を行うことができます。

仮に詐欺罪で起訴されたとしても、刑事事件における責任の有無や刑罰の重さは、事件直後からどのような対応をとるかによって、結果が大きく左右されます。放っておいても良い方向に進むことは、まずありません。むしろ、知らぬ間に事態が悪化して取り返しのつかないことになる可能性すらあります。

取扱業務の中に刑事事件が含まれている弁護士や法律事務所は全国に存在しますが、そのうち刑事事件・少年事件だけを専門に取り扱っている弁護士・法律事務所はほとんど存在しません。刑事事件・少年事件だけを専門に扱う弁護士事務所であるからこそ、依頼者様と密に連絡・報告を行い納得のいく解決へと進んでいくことが可能になります。

 

2 即日・迅速な対応が可能

詐欺事件は対応が後手に回れば回るほど、不利益な結果を招くことになります。

例えば、身体拘束の長期化や必要以上の重い処分です。このような結果を回避するには迅速かつ適切な対応が必要です。

この点、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では刑事・少年事件専門の弁護士チームが一丸となって事件処理にあたらせていただきます。皆様の不安をいち早く解消し、スピーディーかつ最善の弁護活動を行います。

 

3 無料法律相談・出張相談  

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件に関する初回の相談は、どなた様も全て無料とさせていただけます。詐欺事件でお困りの方であれば、刑事手続きのどの段階であるかを問わず、それぞれの事件の特徴や進行に合わせてご相談に応じさせていただきます。詐欺事件で逮捕前、逮捕後、起訴された後であっても、各段階に応じて手続きの流れや見通し、適切な対応方法などについてご説明いたします。

一方、詐欺被害にあわれた方も一人で悩まずご相談ください。突然、ご自身又はご家族の方が犯罪被害にあわれた場合、この後どうすればよいのか途方に暮れてしまう方も多いと思います。特に、刑事事件となると周りに相談できる方は多くありません。被害者やご遺族の方々の負担や不安をできるだけ和らげるため、今後どのような対応策があるのか、どのような解決策が妥当であるのかアドバイスいたします。

 

4 迅速対応・24時間体制で受付中

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、土日祝日、24時間体制で、詐欺罪の無料相談や接見(面会)・同行サービスのお電話を受け付けております。お急ぎの方につきましては、お電話をいただいたその日中に相談・接見等の弁護サービスをご提供しております。弁護士のスケジュール次第では、電話口で事情をお伺いしてから直ちに相談・接見サービスを受けていただくことも可能です。

詐欺罪の嫌疑をかけられたり、逮捕されたりする場合、時と場所を選びません。詐欺事件でお悩みの方は、いつでもご連絡ください。専門のスタッフが、お客様から事情をお聞きし、初回相談の予約をお取りします。

まずは、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご連絡ください。

 

5 安心明確な料金体系

弁護士に詐欺事件をご依頼される場合、ご不安に思われる事情の1つとして「弁護士費用」が挙げられます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、一人でも多くのお客様が安心して上質な刑事弁護サービスを受けられるよう弁護士費用についてはシンプルかつ分かりやすいものにしております。

ご依頼の際には、弁護士の方から直接、ご依頼者様の事件に応じた適正な料金額を契約前にご説明させていただきますのでご安心ください。

 

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の詐欺事件に対する主な弁護活動

【成人の事件の場合】

1 捜査段階(逮捕前)

  • 相談内容について、逮捕の可能性等を含めた「今後の見通し」の説明
  • 取調対応指示
  • 出頭や取調べなどへの同行

 

2 捜査段階(逮捕後)

  • 身体拘束からの解放に向けた活動(釈放・保釈・不服申立て等)
  • 取調べに向けたアドバイス
  • 小まめな接見(面会)と綿密な打ち合せ
  • ご家族や勤務先など外部への連絡のためのパイプ 
  • ご家族との面会実現に向けた活動 
  • 示談交渉など事件の早期解決に向けた活動 
  • 不起訴獲得又は刑事処分を軽減するための活動

 

3 裁判段階

  • 保釈請求など身柄拘束からの解放に向けた活動
  • 証拠の精査と違法不当な証拠を争う 
  • 有利な証拠の収集と提出
  • 十分な公判準備と入念な打合せ
  • 無罪判決、執行猶予判決、大幅な減刑を獲得するための弁論
  • 上訴する場合の書面作成や再保釈活動

 

【少年事件の場合】

1 捜査段階(家裁送致前)

  • 相談内容について、逮捕の可能性等を含めた「今後の見通し」の説明
  • 取調対応指示
  • 出頭や取調べなどへの同行 
  • 身体拘束からの解放に向けた活動(釈放・不服申立て等)
  • 小まめな接見(面会)と綿密な打ち合せ
  • 観護措置回避に向けて準備
  • 環境調整活動の着手
  • 示談活動

 

2 家裁送致後

  • 観護措置決定回避活動
  • 環境調整活動の着手(又は続行) 
  • 観護措置決定後における不服申立て活動(異議申立て・観護措置取消しの申立て)
  • 環境調整活動の続行
  • 鑑別技官・家庭裁判所調査官との面談
  • 示談活動

 

3 少年審判

  • 十分な審判準備と入念な打合せ
  • 少しでも軽い処分(例えば「不処分決定」「保護観察」等)を獲得するための活動 
  • 抗告活動

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー